2015年12月12日土曜日

会津木綿のビジネス用「小袋」

仕事専科では、会津木綿をご紹介しています。
現在では、会津には、山田木綿織元を1社残すだけとなってしまいました。
以前は、原山織物工場様とのお付き合いでしたが、今年の1月に廃業されてしまいました。その後に縁戚の関係者の方が、原山織物工場として、操業再開いたしましたが、弊社では、価格と取扱い内容から、お取引を継続することが、出来ませんでした。
会津木綿では、今でも明治時代に創業した当時の豊田自動織機をつかい、家内工業的に操業されています。
工場をたずねると明治時代にタイムスリップした印象に陥ります。
会津木綿の特徴は、少し綿糸が太いことから、織り上がりの手触りがごわごわとしています。単衣などよりも、もんぺとして普段着の木綿と言えるでしょうか。
単衣は、きめの細かい綿糸で緻密に織り上げた方が、上等と言えるでしょう。
しかし、その縦縞の色合いは、会津木綿の特徴です。

私の仕事専科の究極の目標は、それぞれの工房の伝統工芸品を仕事専科のオリジナルとして、ご紹介することです。
オリジナルとは!?
①デザイン(色と形)
②機能性(使用目的)
これらに大切な ③お客様の欲しいもの  を加えます。
売り手の都合では、ものは売れないと、そして、お客様にfitすることが、大切と聴きます。

そのようなことから、ビジネス用小袋を作りました。
A-4サイズの小袋です。
会議の際にバッグに忍ばせて、書類などをそちらに収納することが、出来ます。
お洒落です。
そして、私の好きな色柄を3種類選びました。
 
【手提袋(バッグ)】3種類あり。
・インナーバッグ(小) 赤 ・青・緑     
¥3,200
 横30cm×丈35cm×マチ3cm
 持ち手:巾2cm×長30cm
 内袋:横10cm×12cm(小袋)
 小袋:横16cm×丈11cm
     ※ファスナー付
 ■商品コードA-23011■
    
A-4サイズの書類入れです。
それぞれに、小袋(ファスナー付)に収納
することが出来ます。
鮮やかな会津木綿の縞柄が特徴。
御自分のお好きな縞柄から、
お作りすることも可能です。
あなたのオリジナルとなります。
仕事の逸品」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ


 

0 件のコメント:

コメントを投稿