2015年9月2日水曜日

津軽金山焼の後手急須

仕事専科では、津軽の商品が、特に人気です。
陸の孤島ではありませんが、津軽の文化が、継承されています。
北前船が、深浦に入港し、京文化が、伝えられています。
そして、縄文の文化も継承されています。
それが、48回もの研ぎと塗を繰り返す馬鹿塗の津軽塗であり、あけび蔓細工であり、こぎん刺しとして、伝わっています。
須江器といわれる器「津軽金山焼(焼締め)」の器が、五所川原の地に伝えられています。
後手急須は、焼締めの素朴なそして、お洒落な茶器です。
写真で、ご紹介します。
津軽金山焼の逸品です。
後手急須
湯呑・冷酒呑み(胴締)・後手急須
登り窯の祭壇
 「手仕事の逸品」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ


0 件のコメント:

コメントを投稿